ホーム > 保険・年金 > 国民健康保険 > 被保険者証・高齢受給者証 > 国民健康保険被保険者証、高齢受給者証とは

国民健康保険被保険者証、高齢受給者証とは

 保険証、高齢受給者証は、医療や保険給付を受けるときの重要な証明書です。大切に取り扱いましょう。
 万が一、なくしたり、汚したときは、役場窓口係に届け出て再交付を受けてください。(印鑑、マイナンバーカード又は通知カード、通知カードをご持参の場合は顔写真付きの身分証明書、運転免許証等をお持ちください。)
保険証、高齢受給者証を使うときの注意

①記載内容を確認しましょう
②受診の時には必ず提示しましょう。70歳以上の方は高齢受給者証も合わせて提示しましょう。
③コピーしたものや有効期限の切れたものは使えません。
④病院に預けたりせず、必ず手元に保管しましょう。
⑤保険証の貸し借りは禁止されています。

国民健康保険被保険者証
 豊丘村では、毎年10月1日に保険証が更新されます。被保険者ごとのカードタイプ(個人証)の保険証を交付しており年ごとに証の色が違います。9月下旬に世帯ごと郵送で送付しております。

高齢受給者証
 保険証と同じ大きさの濃い緑色をしています。該当者おひとりに一枚ずつ発行されています。
 70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の方はその月)から75歳誕生日の前日まで、医療機関で受診の際、保険証とともに高齢受給者証が必要です。この高齢受給者証は患者負担割合を証するものですから、医療機関にかかるときには必ず保険証とともに提示してください。
所得判定基準

 区  分  判定基準
低  Ⅰ 同一世帯全員が非課税でその世帯の判定対象者の各所得が0円になること。※年金の所得は控除額を80万円と計算します。
低  Ⅱ 同一世帯全員が非課税で低 Ⅰに該当しない。
一  般 低Ⅰ、低Ⅱ、一定以上に該当しない。
一定以上 同一世帯の70歳以上及び老人医療対象者の中に、課税所得が145万円以上の人がいる場合
ただし、上記対象者の収入合計が
対象者複数:520万円
対象者一人:383万円
未満の場合、基準収入額適用申請により一般の区分になります。

 低Ⅰ、低Ⅱ、一般 2割(平成26年4月1日までに70歳を迎えた方は1割)
一 定 以 上 3割

区分別の限度額

70歳~74歳の方の月額自己負担限度額(平成29年8月~平成30年7月)
70歳以上の方の
自己負担限度額
個人
(外来)
世帯(外来+入院) 4回目以降
 低 Ⅰ 8,000円 15,000円
 低 Ⅱ 8,000円 24,600円
 一 般(年間上限144,000円) 14,000円 57,600円 44,000円
 現役並み所得者 57,600円 80,100円+〔医療費総額-267,000円〕×1% 44,000円
70歳以上の方の自己負担限度額 個人(外来) 世帯(外来+入院) 4回目以降
低I 8,000円 15,000円
低Ⅱ 8,000円 24,600円
一般 18,000円(年間上限144,000円) 57,600円 44,400円
一定以上(課税所得145万円以上) 80,100円+〔医療費総額-267,000円〕×1% 44,400円
一定以上(課税所得380万円以上) 167,400円+〔医療費総額-558,000円〕×1% 93,000円
一定以上(課税所得690万円以上) 252,600円+〔医療費総額-842,000円〕×1% 140,100円

お問い合わせ先

健康福祉課 保健衛生係
電話:0265-35-9050
電子メール:hoken@vill.nagano-toyooka.lg.jp

▲このページの先頭へ


ナビゲーション