ホーム > 住まいと環境 > ごみ > 種類別ゴミの出し方 > 燃やすごみ

燃やすごみ

北部4町村(松川町、高森町、豊丘村、喬木村)の指定袋に、氏名または電話番号を必ず記入し、袋の口はしばってください。指定袋に入らないものは、村の粗大ごみ収集、または飯田市稲葉クリーンセンター(電話)48-6648で処分できます(いずれも有料)。草木類は飯田市伊豆木の南信チップセンター(電話)27-4274で再資源化できます(有料)。

【出せるもの】

▼生ごみ(残飯、調理くず、茶がら、貝殻、卵の殻など)
▼食用油(新聞紙に吸わせるか、薬品で固まらせる)
▼紙(紙製容器包装と雑紙は、できるだけリサイクルしましょう)
▼再利用できない布類(衣類、靴下、下着、繊維くずなど)
  →再利用できるものは古布収集へ(工場で使うぞうきんや海外輸出品になります)
▼木(割り箸、ようじ、木の枝、木工製品、枯葉など)
▼紙おむつ、湿布、煙草の吸殻、使い捨てカイロ、乾燥剤、マスク
▼廃プラスチックのもの(乾電池や金物、ガラスは取り除く。カーボン製やグラスファイバー製のものも除く) など

★注意事項
 ・生ごみは水をしっかり切って、新聞紙などで包む。
 ・生ごみ処理機、コンポスト、ボカシ容器を購入される方は、村から補助金が出ます。
  購入前に環境課環境係(電話)35-9057へお問合せください。

平成29年9月から「燃やすごみ」の出し方が変わりました。

新焼却場「稲葉クリーンセンター」の稼働により、9月から燃やすごみ専用袋が新しくなり、分別方法「廃プラ」が「燃やすごみ」に変更になりました。

▲このページの先頭へ