ホーム > 住まいと環境 > ごみ > 種類別ゴミの出し方 > 古紙(新聞・雑紙・ダンボール)

古紙(新聞・雑紙・ダンボール)

対象は、新聞・雑紙・ダンボールの3品目です。新聞と雑紙は、毎月1回、自治会ごみ収集庫で集めています(河野区を除く)。ダンボールは、2ヶ月に1度(日曜日)、午前7時~8時まで(12月と2月は午前8時~9時まで)指定ステーションで集めています。いずれもヒモで十文字にしばって出してください。

新聞

新聞は、折り込みチラシのみいっしょに束ねて頂いても構いませんが、他の雑紙が混じらないようにしてください。また、新聞店が配布する紙袋やビニール袋に入れて出さないでください。自治会ごみ収集庫には、新聞を置く場所が指定されています。雑紙と同じ場所に置かないでください。

雑紙

「雑紙」とは、カタログ、雑誌、チラシ、パンフレット、封筒、ラップ類やトイレットペーパーの芯など紙製容器包装以外の紙です。

ただし、アイロンプリント紙、圧着はがき、油紙、印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、カーボン紙・ノーカーボン紙(複写伝票など)、感光紙(青焼きコピー紙)、感熱紙(ファックス用紙、レシートなど)、合成紙(プラスチック製品で、正確には紙でないもの)、点字用感熱性発砲紙、防水加工紙は、製紙原料にならない「禁忌品(異物)」です。燃やすごみへ出してください(詳細は全戸配布しました「ごみ分別ガイドブック」参照)。→財団法人古紙再生促進センターホームページ

自治会ごみ収集庫には、雑紙を置く場所が指定してあります。新聞と同じ場所に置かないでください。

ダンボール

2ヶ月に1度、指定ステーションで、埋立ごみやびん類といっしょに集めています。ひもで十文字にしばって出して下さい。一時に大量のダンボールを片付けなければならない場合は、毎週日曜日の午前中開設している「リサイクルステーション」をご利用ください。

お問合せ

  • 豊丘村役場環境課環境係(電話)35-9057
  • 有限会社中平商店(電話)35-2011

▲このページの先頭へ