ホーム > 住まいと環境 > ごみ > 種類別ゴミの出し方 > 古布

古布

年に4回(5月、8月、11月、2月)、役場駐車場で集めます。収集時間は、午前8時~10時までです。

  • 収集会場の役場駐車場には、収集業者とシルバー人材センター豊丘支部の人がいます。荷物の積み降ろしは、豊丘支部の人が行います。車の誘導に従い、トラックの横に車を着けたら、車から降りないでエンジンをかけたまま停車してください。車のエンジンを止めたり、車から降りたりすると渋滞の原因になります。
  • 駐車場内は一方通行です。次の進入路図に従って通行してください。→役場駐車場進入路図 PDFファイル (71KB)
  • 小雨程度でも、雨に濡れると古布として再利用できなくなるため、中止することもあります。あらかじめ、ご承知おきください。
  • 収集日以外の日に古布を処分したい方は、毎週日曜日午前中に開設している「リサイクルステーション」をご利用ください。
  • 収集した古布は、輸出向け衣類、機械手入れ用雑巾(工業用ウエス)、遮音材などに再利用されます。
Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

出せるもの

家庭で一般的に身につけている衣類は、すべて出せます。専用袋はありません。できるだけ半透明なビニール袋に入れるか、ひもでしばり、濡れないようにしてください。ダンボール箱等には入れないでください。
包みが重いと荷物の積み降ろし大変ですので、一包みの量を軽くしてください。

  • カーテン(レースのカーテンも可)、皮製の衣類、靴下、シーツ、タオル、ネクタイ、バスタオル、布団カバー、ブラジャー・スリップ・ガードルなどを含む男女下着類、帽子(麦わら帽子、制帽は除く)、毛布(純毛でなくても可)など

出せないもの

  • 油・泥・ペンキなどで汚れた布、裁断くず、雑巾 (使い込んだもの) 、ペットなどに使用した毛布、足拭きマット、かばん、クッション、靴、トイレカバー、ぬいぐるみ、ビニール製衣類(ヤッケ、雨ガッパなど) →燃やすごみへ
  • こたつの下敷き、電気毛布、布団類、枕→粗大ごみ・家電・布団類へ
  • 会社などから出される大量の制服類

お問合せ

  • 豊丘村役場環境課環境係(電話)35-9057
  • 有限会社中平商店(電話)35-2011

▲このページの先頭へ