ホーム > 住まいと環境 > ごみ > 種類別ゴミの出し方 > 家電リサイクル6品目

家電リサイクル6品目

家電リサイクル法により、 衣類乾燥機、エアコン、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫 は製造業者がリサイクルを、家電販売店は回収を、消費者はリサイクル料金を負担しなければならないことになっています。下記の処理方法の中から選択して処理してください。ただし、リサイクルショップに中古品(再利用可能なもの)として引き取ってもらう場合には、リサイクル料金を支払う必要はありません。※家電リサイクル法では、家電4品目のくくりになっていますが、実際には6品目あるため、このホームページでは「家電6品目」として掲載しています。

  • 買い替えの際に家電販売店(リサイクルショップ含む)で引取ってもらう(リサイル料+運賃)。販売店は、他店が販売したものでも、買い替えの際には引き取る義務があります。ただし、引き取りだけを依頼された場合、その店が販売したものでなければ引き取る義務はありません。
  • 村の粗大ごみ・家電・布団類収集へ出す(リサイクル料+運賃)。
  • 当面、買い替えの予定はなく、ご自分では運搬できないので、村が許可した「家電6品目収集運搬業者」に引取ってもらう(リサイクル料+運賃)。
  • 原則、郵便局でリサイクル料金を支払う。→リサイクル券持参のうえ、ご自分で「指定引取場所」へ運ぶ(リサイクル料のみ)。

※家電リサイクル法とは→財団法人家電製品協会ホームページ

リサイクル料金

※リサイクル料金の支払い方法は、下記の3通りあります。料金の支払いと引き換えに、領収書と、 「家電リサイクル券排出者控え」 を必ずもらって大切に保管してください。

  • 家電販売店に引き取ってもらう場合は、販売店用の「家電リサイクル券」に必要事項を記入して、リサイクル料金+運賃(サービスしてくれるかもしれません)を支払う。リサイクル券の書き方は教えてくれるはずです。→「家電リサイクル券排出者控え」をもらう。
    ※家電販売店によっては、家電リサイクル券を取り扱っていない店もありますので、事前に電話などで確認してください。
  • 家電販売店で引き取り義務がないものを処分する場合は、まず、処分する家電品の「製造業者名」をメモする。→大きさや容量によってリサイクル料金が異なるため、【テレビ】は、画面の大きさ(15型以下、16型以上)をメモする。【冷蔵庫・冷凍庫】は、容量「170リットル以下、171リットル以上」をメモする。【エアコン・衣類乾燥機・洗濯機】大きさ、容量に関係なく一律料金。→そのメモを持って郵便局のへ行き、「家電リサイクル券」に必要事項を記入して、リサイクル料金+振込手数料を支払う。→「振替振込請求書兼受領証」「振替振込受付証明書」「家電リサイクル券」をくれる。→「振替振込請求書兼受領証」は保管。「振替振込受付証明書」「家電リサイクル券」を家電品といっしょに引き取り業者へ渡す。 →「家電リサイクル券排出者控え」をもらう。
    【リサイクル料金のお問合せ】豊丘郵便局 (電話)35-2049
  • テレビの大きさや冷蔵庫などの容量がわからないという方は、村の粗大ごみ・家電・布団類収集場所で、または家電6品目収集運搬許可業者が引き取りに来た時に、リサイクル料金と運賃を支払う。→「家電リサイクル券排出者控え」をもらう。

※家電リサイクル券とは→家電リサイクル券センター(消費者の方へ参照)

Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

家電6品目収集運搬許可業者

買い替えの予定がなく、ご自分で村の粗大ごみ・家電・布団類収集場所(役場駐車場)、または指定引取場所へ運搬できない方→下記業者に連絡すれば、自宅まで引取りに来てくれます。リサイクル料金と運賃をお支払いください。料金の支払いと引き換えに、 「家電リサイクル券排出者控え」 を必ずもらって大切に保管してください。運賃はそれぞれの会社へお問合せください。

★(株)南信サービス豊丘支店 豊丘村大字河野2080‐1 (電話)35-2412
★(有)中平商店 豊丘村大字河野332-1 (電話)35-2011
★(株)アイ・コーポレーション 飯田市座光寺4052‐5 (電話)53‐7307

指定引取場所

(有)丸伝運送高森物流センター 高森町下市田3120-12 (電話)48-6641
前田産業(株) 飯田市上郷別府3337 (電話)22‐2488
原則、郵便局でリサイクル料金を支払ってからお持ちください。

注意事項

  • 家電販売店(リサイクルショップ含む)に引き取る義務があるのは、その店が販売した商品、または買い替えの際、引き取り依頼があったもののみです。このため、引き取る義務がないものは、村の粗大ごみ・家電・布団類収集へ出すか、村が許可した「一般廃棄物収集運搬業者」に引取ってもらうか、ご自分で指定引取場所へ運んで頂かなければなりません。
  • リサイクルショップなどが中古品(再利用できるもの)としてに引き取る場合は、「古物商許可証」が必要です。古物商の許可証がなければ犯罪行為です。有価物(商品価値があるもの)として引き取るわけですから、現金を支払って買い取るのが原則です。また、家電6品目をリサイクルの目的で分解する行為は、許可された業者でなければできません。よって、引き取る際に、処理費用を要求するのも犯罪行為です。もちろん、リサイクル料金を支払う必要はありません。不当な要求をされたら、迷わずに飯田警察署(電話)22‐0110へ通報してください。

お問合せ

環境課 環境係
電話 0265-35-9057

▲このページの先頭へ