ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 多面的機能支払制度

多面的機能支払制度

多面的機能支払交付金とは

農業・農村には、国土の保全、水源の涵養(水が自然にしみこむこと)、自然環境の保全、良好な景観の形成などの多面的機能があります。こうした機能は農村だけでなく、都市住民の生活にも役立つもので、私たちの暮らしを支えています。
 しかし近年、農村地域の高齢化、人口の減少などにより、集落活動が低迷し、路肩の崩壊や水路のひび割れなどが目立つようになり、日本独自の農村風景や農地特有の生態系を保つことが難しくなってきました。
 基幹産業である農業と豊かな農村風景を後世につないでいくため、地域の皆さんの活動を支援する制度。それが「多面的機能支払交付金制度」です。

 この制度は、平成19年度から「農地・水保全管理支払交付金」として農地や農業用施設、農村環境を維持保全する活動を支援する制度を引継ぎ、より農業・農村が有する多面的機能の発揮を促進するために平成26年度から事業内容を拡充し、「多面的機能支払交付金」と名称を改めました。

パンフレット

多面的機能支払交付金のあらまし PDFファイル (1,350KB)

制度の構成

多面的機能支払交付金は、農地維持活動を実施するための交付金(農地維持支払)と、資源向上活動を実施するための交付金(資源向上支払)から構成されます。

豊丘村の活動状況

豊丘村では各区・地区を活動組織とした、広域組織(豊丘村農地・農村保全対策広域協定運営委員会)として、全村で多面的機能支払制度に取り組んでいます。

関連リンク

●農林水産省(多面的機能支払交付金)(外部サイト)

●長野県農地・水・環境保全向上対策協議会(外部サイト)

●長野県 多面的機能支払事業ホームページ(外部サイト)

お問い合わせ先

産業建設課 農政係
電話:0265-35-9056(直通)

▲このページの先頭へ


ナビゲーション