ホーム > 税金 > 確定申告・住民税申告 > 所得税の確定申告・村県民税の申告

所得税の確定申告・村県民税の申告

申告期間 2月21日(水)~3月15日(木)まで

平成29年分所得の申告時期になりました。次の事項をご確認いただき、必ず期間中に申告しましょう

所得税の確定申告が必要な方

◇ 税務署から確定申告書が送付されている方。
◇ 事業所得(営業・農業・その他事業)や不動産所得(地代・家賃)などがあり、所得の合計が所得控除の合計額を上回る方。
◇ 給与収入がある方で、
  〇 年末調整されていない給与がある方・年末調整の内容に変更がある方。
  〇 年末調整した給与以外の所得金額が20万円を超える方。
◇ 土地等の譲渡所得があった方
◇ 住宅ローン控除、医療費控除、雑損控除などで所得税の還付を受ける方

村県民税の申告が必要な方

平成30年1月1日現在、豊丘村に居住し、上記の「所得税の確定申告が必要な方」以外の方で次に該当する方は、村県民税の申告が必要となります。
◇ 事業所得(営業・農業・その他事業)や不動産所得(地代・家賃)などがあった方で、所得税の確定申告の必要としない方
◇ 給与収入がある方で、
  〇 年末調整した給与以外に20万円以下の所得がある方
  〇 平成29年中にわずかでもアルバイトやパートなどをしていた方
◇ 公的年金収入のみで、所得税が源泉徴収されていない方で、次のどちらかに該当する方
  〇 65歳以上で年金収入額が148万円を超える方
  〇 65歳未満で年金収入額が98万円を超える方
◇ 平成29年中に収入のなかった、または非課税所得(障害年金・遺族年金など)のみの方で、豊丘村に住んでいる方の税金上の扶養親族になっていない方。

◆収入、控除の状況によっては、所得税の確定申告が必要になる場合もあります。

村県民税の申告をしなくてもよい方

◇ 所得税の確定申告書を提出される方
◇ 1ヶ所からの給与のみで、他に所得がなく、勤務先において年末調整を行った方
◇ 公的年金収入のみで、所得税が源泉徴収されていない方で、次のどちらかに該当する方
  〇 65歳以上で年金収入額が148万円以下の方
  〇 65歳未満で年金収入額が98万円以下の方
◇ 平成29年中に収入がなく、同一世帯内の方の扶養親族(注1)になっている方
 (注1)「扶養親族」とは税法上の扶養親族をいい、健康保険の「扶養」とは異なります。

申告に持参していただくもの

◇ 税務署から送付されたお知らせハガキ
◇ 印鑑(所得税の口座振替を希望される方はその通帳の届出印と通帳)
◇ 給与、賃金、年金等の「源泉徴収票」または「支払証明書」の原本
◇ 営業・不動産の「収支内訳書」。農業については役場で配付した収支計算表(記入してきてください)
◇ その他収入や経費を確認できる帳簿書類など
◇ 生命保険料、地震保険料、国民年金保険料、社会保険料の払込証明書
◇ 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、障害者控除対象者認定書
◇ 医療費控除を受ける方は領収書(人別、医療機関別に集計をお願いします。また保険などで補てんされた金額もわかるようにしてください)
◇ 所得税の還付申告をされる方は、本人名義の通帳と印鑑
◇ マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード

申告相談におでかけください

村では別記(申告相談日程・会場)のとおり、2月21日(水)から3月15日(木)まで申告相談を行いますので、この期間中に申告をお願いします。
3月4日(日)に休日申告相談(午前のみ)を行います。混雑が予想されますので、時間に余裕をもってご来庁ください。平日に都合のつく方は、平日の申告をお勧めします。

受付時間 (平日)午前9時から午後4時まで (休日)午前9時から正午まで

申告相談日程・会場

申告相談日程・会場

国税電子申告・納税システム 「e-Tax」をご利用ください

国税電子申告システム・納税システム「e-Tax」は、インターネットを利用して自宅から所得税などの申告や各種申請・届出の手続きができるシステムです。
「e-Tax」の利用には電子証明書が必要になりますので、お早めに取得していただき、確定申告の際にはぜひご利用ください。
詳細は「e-Tax」ホームページをご覧ください。http://www.e-tax.nta.go.jp
問合せ先 飯田税務署 ℡0265-22-1165

お問い合わせ先

税務会計課 税務係
電話:0265-35-9051
電子メール:zeimu@vill.nagano-toyooka.lg.jp

▲このページの先頭へ