ホーム > 税金 > 地価は下がっているのに土地の税金が上がるのはなぜ?

地価は下がっているのに土地の税金が上がるのはなぜ?

 
土地の税額は、土地の評価額をもとに算定された課税標準額に税率を乗じて求められます。
 課税標準額×1.4%=税額
 
 平成6年に地域ごとにばらついていた課税標準額を全国一律にしようということで
 地価公示価格の7割を目途とする評価替えが行われました。
 この結果、地域によって税負担が急激に増えてしまう地域が生じてしまいました。
 このような税負担を避けるために前年の課税標準額に一定率を乗じて緩やかに税額を上昇させる措置を講じています。
 
 このため、評価額から求められる本来の課税標準額に達していない土地では、地価(評価額)が下がっても税額が上がってしまうということが起こることになります。

▲このページの先頭へ


ナビゲーション