ホーム > 税金 > 家屋は年々老朽化していくのに税金が下がらないのはなぜ?

家屋は年々老朽化していくのに税金が下がらないのはなぜ?

 家屋は三年に一度の評価替えによって決定された評価額に税率をかけて税額を算定しま
 す。評価替えの年以外の年には評価額が据え置かれているために下がらないことがあります。

評価替えの年なのに下がらないのは? 

家屋の評価にはその年の建築資材の価格も反映してきます。古い家屋の場合、過去建築資材価格が上昇した時に、評価額は据え置かれていたこともあり、本来の評価額に至るまで据え置かるため、老朽化や建築資材価格等の下落を加味しても評価額が下がらないことがあります。

▲このページの先頭へ


ナビゲーション