ホーム > トピックス > 新型コロナウイルス感染症 感染防止対策について

新型コロナウイルス感染症 感染防止対策について

 現在、豊丘村の感染警戒レベルはレベル5の状況です。
 豊丘村では、引き続き対策本部を設置し、感染防止・予防、また、感染症の影響による住民生活・事業者支援の観点から、様々な対策をとっています。

 現時点(令和4年11月15日 午前10時時点)での状況を、以下のとおりお知らせします。

村民の皆さまへ 今後の感染予防についてお願い

 長野県では、11月4日に「医療特別警報」を発令し、医療への負荷を軽減する取り組みを進めてきましたが、感染の再拡大に歯止めがかからず、医療提供体制のひっ迫が懸念される状況が続いています。また、今年の冬は第7波を上回る感染拡大や、季節性インフルエンザとの同時流行も心配されていることから、11月14日に「医療非常事態宣言」を発令し、医療検査体制の整備やワクチン接種の促進に取り組むこととなりました。
 長野県としては、引き続き、南信州圏域における感染警戒レベル5の状態を継続し、医療への負荷を軽減しながら暮らしと経済をできるだけ維持する方針です。改めて基本的な感染防止対策を徹底し、次の点などに留意して日常生活や地域活動、社会経済活動を送ってください。

 医療非常事態宣言の発出に伴うお願いPDFファイル 感染リスクの高い場面PDFファイル
 (改訂版)新たな会食のすすめPDFファイル ​(改訂版)新たな旅のすすめPDFファイル

● 重症化リスクの高い方、その同居者や身近で接する方は、マスクを外しての会話や換気が不十分な場所など、感染リスクの高い場面・場所には十分注意してください。

● 会話の際のマスクの着用、手洗いや手指の消毒、換気の徹底、三蜜の回避は、継続してお願いします。特に、寒さが本格化していますが、室内や自動車内のこまめな換気を徹底してください。

● のどの痛み・発熱などの症状がある場合は、外出しない、また、会食や行事に参加しない、させないことを徹底してください。

● 発熱などの症状があり、検査を希望される方は、役場に備えてある無料の検査キットをご活用ください。また、検査キットで陽性が確認された場合は、その後の対応を適切にとるため、必ず役場健康福祉課(電話35-9061)までご連絡をお願いします。特に、65歳未満、基礎疾患がないなど重症化リスクが低く、軽症の方は、できるだけ検査キットによる自己検査をお願いします。

● 会食の人数や時間の制限、行事の延期・中止などの要請、公共施設の利用制限、県外への移動の自粛などの措置はありませんが、できる範囲で感染防止対策を継続してください。ただし、感染防止対策が不十分な店舗や施設の利用は控えてください。

● お子さんの体調がすぐれないときは、登校・登園を控えるなど、感染拡大防止へのご協力をお願いします。

● 3回目の接種から使用されるオミクロン株対応のワクチンは、オミクロン株に対して今までのワクチンを上回る効果がありますので、未接種の方は積極的に接種を検討してください
   園児・小学生用 ワクチン接種のすゝめPDFファイル  中高生・大学生用 ワクチン接種のすゝめPDFファイル

 マスクの着用は、基本的な感染防止対策として重要です。場面に合わせて適切に着用してください。屋外で近距離の会話をしない時は、必ずしも着用していただく必要はありません。
マスク着用を基本とする場面
 咳やくしゃみ、発熱等の症状がある場合、高齢者や基礎疾患をお持ちの方と会話する場合、病院・高齢者施設・障がい者施設の施設内にいるとき
マスク着用を推奨する場面
 2m以内程度で人と会話をするときと、建物内に人が多数いるとき(自宅等でお一人、または同居家族と過ごす場合は除く)
マスク着用が不要な場面
 屋外において2m程度の近距離での会話がない場合
 
 オミクロン株による感染症は、注意していても誰もが感染する可能性があります。不当な差別や偏見、誹謗中傷などが生じないよう、配慮ある冷静な対応や行動をお願いします。
 豊丘村では、村内で感染者が確認される状況であっても、「思いやり」の心を持ち「支えあい」の輪を広げ、暮らしやすい社会を目指す「シトラスリボン運動」に村を挙げて取り組んでいます。村民の皆様のご協力をお願いします。

お問い合わせ先

豊丘村新型コロナウィルス感染症対策本部
電話:0265-35-9050 0265-35-3311
FAX:0265-35-9065
電子メール:info@vill.nagano-toyooka.lg.jp

お知らせ

▲このページの先頭へ


ナビゲーション


豊丘村役場

〒399-3295 長野県下伊那郡豊丘村大字神稲3120

電話:0265-35-3311 FAX:0265-35-9065