ホーム > トピックス > 新型コロナウイルス感染症 感染防止対策について

新型コロナウイルス感染症 感染防止対策について

 現在、豊丘村の感染警戒レベルはレベル2の状況です。
 豊丘村では、引き続き対策本部を設置し、感染防止・予防、また、感染症の影響による住民生活・事業者支援の観点から、様々な対策をとっています。

 現時点(令和4年7月4日 午前9時時点)での状況を、以下のとおりお知らせします。

村民の皆さまへ「マスク着用の目安」についてお願い

  長野県内では、新規感染者数が減少傾向となり、南信州圏域の感染警戒レベルは、6月中旬に警戒レベル1に一時引き下げられましたが、現在はレベル2の状況です。
 感染警戒レベル2は、「感染者は確認されており、注意が必要な状態」とされていますので、引き続き、次の点などに留意しながら日常生活や社会経済活動を送ってください。

長野県からのレベル引き下げへのお願いPDFファイル (改訂版)新たな会食のすすめPDFファイル ​(改訂版)新たな旅のすすめPDFファイル

1.室内の必要な場面では不織布マスクを着用し、こまめな換気の実施など、基本的な感染防止対策を心がけてください。
2.会食の人数や時間の制限はありません。また、県境をまたぐ移動の制限もありませんが、できる範囲で感染防止対策を継続してください。
3.お子さんの体調がすぐれないときは、登校・登園を控えるなど、感染拡大防止へのご協力をお願いします。
4.ワクチン接種は重症化や発症を予防する効果があります。追加接種はもとより、1・2回目が未接種の方も積極的に接種を検討してください。

 6月3日に長野県において、今後のマスク着用についての目安が示されました。村民の皆様におかれましては、次の点に留意し、場面に合わせた適切な対応をお願いします。
 マスクの着用は、基本的な感染防止対策として重要です。周囲の方に配慮し、お互いの対応を尊重するようお願いします。

マスク着用を基本とする場面
 咳やくしゃみ、発熱等の症状がある場合、高齢者や基礎疾患をお持ちの方と会話する場合、病院・高齢者施設・障がい者施設の施設内にいるとき
マスク着用を推奨する場面
 2m以内程度で人と会話をするときと、建物内に人が多数いるとき(自宅等でお一人、または同居家族と過ごす場合は除く)
マスク着用が不要な場面
 屋外において近距離での会話がない場合(熱中症予防のため、屋外ではできるだけマスクを外してください)

 屋外でも人が密集する場合、屋内でも人が少なく会話がない場合など、様々な場面が考えられますので、施設の管理者や行事の主催者からの要請にご協力いただき、状況に応じたメリハリのある対応を心がけてください。また、外出するときは、着用が求められる場合などに備え、マスクの携帯をお願いします。
 子どもの発達への影響などに配慮し、小学校入学前のお子さんについては、マスクの着用を一律に求めません。特に2歳未満児にはマスク着用は推奨しませんので、よろしくお願いします。

 オミクロン株による感染症は、注意していても誰もが感染する可能性があります。不当な差別や偏見、誹謗中傷などが生じないよう、配慮ある冷静な対応や行動をお願いします。
 豊丘村では、村内で感染者が確認される状況であっても、「思いやり」の心を持ち「支えあい」の輪を広げ、暮らしやすい社会を目指す「シトラスリボン運動」に村を挙げて取り組んでいます。村民の皆様のご協力をお願いします。

お問い合わせ先

豊丘村新型コロナウィルス感染症対策本部
電話:0265-35-9050 0265-35-3311
FAX:0265-35-9065
電子メール:info@vill.nagano-toyooka.lg.jp

お知らせ

▲このページの先頭へ


ナビゲーション


豊丘村役場

〒399-3295 長野県下伊那郡豊丘村大字神稲3120

電話:0265-35-3311 FAX:0265-35-9065