ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 豊丘村 人・農地プラン

豊丘村 人・農地プラン

人・農地プランについて

 平成24年から国(農林水産省)が事業をスタートさせた「人・農地プラン」は、地域の高齢化や農業の担い手不足が心配されるなか、5年後、10年後に、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを、地域や集落の話し合いに基づき取りまとめるプラン(計画)です。

 地域の農業の担い手(農地の引き受け手)を「地域の中心経営体」と呼び、農地の利用図等を作成し、地域における将来的な農地利用の“設計図”を描いていきます。

「人・農地プラン」の実質化について

次の1から3までのプロセスを経て作成された人・農地プランを「実質化された人・農地プラン」とします。

1.アンケートの実施
   対象地区内の農業者(耕作者または地権者)に対し、現状及び後継者の有無等をアンケートで確認します。

2.現況把握
   1を地図化し、5年~10年後に後継者がいない農地の面積等を「見える化」し、話し合いの場で活用します。

3.今後の地域の中心経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成
   1,2を基に、農業者、自治体、農業委員会、JA等の関係者で話し合いを行い、5年~10年後の農地利用を担う経営体等について決めていきます。

豊丘村 実質化された人・農地プランの公表

豊丘村 人・農地プランPDFファイル

別紙(中心経営体)PDFファイル

お問い合わせ先

産業振興課 農政係
電話:0265-35-9056

▲このページの先頭へ


ナビゲーション


豊丘村役場

〒399-3295 長野県下伊那郡豊丘村大字神稲3120

電話:0265-35-3311 FAX:0265-35-9065