ホーム > おいでなんしょ > 各種助成制度 > 【フラット35】子育て支援型・地域活性化型との連携による金利引き下げ制度

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型との連携による金利引き下げ制度

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型について

【フラット35】とは

【フラット35】とは、金融機関が住宅金融支援機構と連携して扱う、全期間固定金利住宅ローンです。
詳しくは下記よりご覧ください。

【フラット35】(長期固定金利住宅ローン)このリンクは別ウィンドウで開きます

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型とは

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型とは、住宅金融支援機構と市町村との連携による借入金利引き下げ制度です。
住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付などの財政的支援とあわせて【フラット35】の借入金利を当初5年間、0.25%引き下げます。

制度の対象となる方

豊丘村内に新しく住宅を購入し、下記の豊丘村補助制度を申請予定の方

豊丘村若い世代の住宅取得補助金
定住促進のための住宅用地取得・住宅新築等助成金
豊丘村定住促進空き家利用仲介手数料補助金(売買契約に限る)

豊丘村で住宅を新築する(もしくは空き家を売買する)場合、下記の5パターンのいずれかに該当すれば金利引き下げの対象となります。

・パターン1:子育て支援型(子育て世帯)
・パターン2:子育て支援型(同居)
・パターン3:子育て支援型(近居)
・パターン4:地域活性化型(UIJターン)
・パターン5:地域活性化型(空き家対策)

補助金制度 制度の対象パターン 対象要件
豊丘村若い世代の
住宅取得補助金
パターン1:子育て支援型(子育て世帯) 住宅の取得日において満49歳以下であり、補助金申請時において15歳以下の子どもがいること
パターン2:子育て支援型(同居) 住宅の取得日において満49歳以下であり、親世帯と同居するための住宅を新築すること(親世帯の敷地内に子世帯が住む別棟を建てる場合も含む)及び、入居後5年間、同居状況の確認に協力できること
パターン3:子育て支援型(近居) 住宅の取得日において満49歳以下であり、村内に住んでいる親世帯とは別の場所(村内に限る)に住宅を新築すること及び、入居後5年間、近居状況の確認に協力できること
パターン4:地域活性化型(UIJターン) 住宅の取得日において満49歳以下であり、豊丘村外から転入すること
定住促進のための住宅用地取得・新築等助成金 パターン4:地域活性化型(UIJターン) 豊丘村外から転入すること
豊丘村定住促進空き家利用仲介手数料補助金 パターン5:地域活性化型(空き家対策) 豊丘村の「空き家情報活用システム」に登録済みの空き家を取得すること

※全パターンの共通要件
・平成30年11月15日以後に、フラット35の契約をすること。
・市区町村税の滞納がないこと。
・補助金の申請時において、補助対象住宅に定住していること。
・過去にこれら補助金の交付を受けていないこと。

申請手続きについて

豊丘村での受付は、平成30年11月15日より開始します。必ず住宅を新築する前及びフラット35を契約する前に、申請に必要な書類を役場総務課企画財政係までご提出ください。

提出が必要な方 制度の対象パターン 必要書類
豊丘村若い世代の住宅取得補助金 パターン1:子育て支援型(子育て世帯) ・利用申請書(第2号書式)
・子育て支援型(若年子育て)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)
・子及び親の年齢が確認できるもの(運転免許証、健康保険証の写しまたは住民表)(子が胎児の場合は母子健康手帳の写し)
・(住宅の新築の場合)建築工事請負契約書の写し
・(住宅の購入の場合)不動産売買契約書の写し
パターン2:子育て支援型(同居) ・利用申請書(第2号書式)
・子育て支援型(同居)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)
・子及び親の年齢が確認できるもの(運転免許証、健康保険証の写しまたは住民表)(子が胎児の場合は母子健康手帳の写し)
・同居する者の関係がわかるもの(戸籍全部事項証明書の写し)
・(住宅の新築の場合)建築工事請負契約書の写し
・(住宅の購入の場合)不動産売買契約書の写し
パターン3:子育て支援型(近居) ・利用申請書(第2号書式)
・子育て支援型(近居)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)
・子及び親の年齢が確認できるもの(運転免許証、健康保険証の写しまたは住民表)(子が胎児の場合は母子健康手帳の写し)
・近居する者の関係がわかるもの(戸籍全部事項証明書の写し)
・(住宅の新築の場合)建築工事請負契約書の写し
・(住宅の購入の場合)不動産売買契約書の写し
パターン4:地域活性化型(UIJターン) ・利用申請書(第2号書式)
・地域活性化型(UIJターン)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)
・(住宅の新築の場合)建築工事請負契約書の写し
・(住宅の購入の場合)不動産売買契約書の写し
定住促進のための住宅用地取得・住宅新築等助成金 パターン4:地域活性化型(UIJターン) ・利用申請書(第2号書式)
・地域活性化型(UIJターン)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)
・(住宅の新築の場合)建築工事請負契約書の写し
・(住宅の購入の場合)不動産売買契約書の写し
豊丘村定住促進空き家利用仲介手数料補助金 パターン5:地域活性化型(空き家対策) ・利用申請書(第2号書式)
・地域活性化型(空き家対策)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)
・空き家に係る売買契約書(写し)
・補助金の補助対象であることを証明する書類(補助金申請時に出す書類。ただし、仲介手数料領収書(写し)、世帯全員の村税等に係る納税証明書又は非課税証明書、世帯全員の住民票の写しを除く)

様式ダウンロード

申請に必要な様式は、以下からダウンロードしてご利用ください。

全補助金において共通の様式

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用申請書(第2号書式)このリンクは別ウィンドウで開きます


若い世代の住宅取得補助金において必要な様式

パターン1:子育て支援型(子育て世帯) →子育て支援型(若年子育て)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)このリンクは別ウィンドウで開きます

パターン2:子育て支援型(同居)→子育て支援型(同居)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)このリンクは別ウィンドウで開きます

パターン3:子育て支援型(近居)→子育て支援型(近居)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)このリンクは別ウィンドウで開きます

パターン4:地域活性化型(UIJターン)→地域活性化型(UIJターン)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)このリンクは別ウィンドウで開きます

定住促進のための住宅用地取得・新築等助成金において必要な様式

パターン4:地域活性化型(UIJターン)→地域活性化型(UIJターン)要件等確認チェックシート(第2号様式付表)このリンクは別ウィンドウで開きます

豊丘村定住促進空き家利用仲介手数料補助金において必要な様式

パターン5:地域活性化型(空き家対策)→地域活性化型(空き家対策)要件等確認チェックシート(第2号書式付表)このリンクは別ウィンドウで開きます

申込みの流れ(概要)

住宅の新築または借入、空き家売買を契約書締結まで進める。
       ⇓
上記書類を整え、役場に提出する。
       ⇓
役場より、事業適用となる証明書を受け取る。
       ⇓
証明書を持って取扱金融機関にてローン契約を締結する。
       ⇓
住宅購入後、補助金交付。

注意事項

・豊丘村補助制度を受けられる方でも、この金利引き下げ制度を受けられない場合があります。
・平成30年11月15日より前にフラット35の契約をした場合や、証明書を提出せずにローン契約の締結をした場合は、この金利引き下げ制度を受けられませんので、お気をつけください。

▲このページの先頭へ