ホーム > リニア対策室 > 【リニア中央新幹線】村の取り組みについて

【リニア中央新幹線】村の取り組みについて

豊丘村リニア対策委員会

 リニア中央新幹線工事に対して生じる様々な問題や課題に対して、情報を共有し対応を検討及び協議していくため、村内の各団体から委員を選出し、豊丘村リニア対策委員会を設置しています。

豊丘村リニア対策委員会規則PDFファイル

道路改良工事及び工事用車両通行等に関する確認書

 リニア中央新幹線建設工事に伴い、多数の工事用車両が豊丘村内を通行します。また、工事用車両の安全な通行のために、道路改良工事(待避所設置・法面保護等)を計画しています。
 豊丘村では、住民の皆様をはじめ村内道路を利用いただく皆様等のご不便ご負担の軽減のため、JR東海との間に「中央新幹線建設に伴う豊丘村内における道路改良工事及び工事用車両通行等に関する確認書」を締結しています。
 また、リニア中央新幹線への電源供給のため、建設される変電所工事についても「下伊那変電所新設に伴う豊丘村内における工事用車両通行等に関する確認書」を中部電力との間に締結しています。

中央新幹線建設に伴う豊丘村内における道路改良工事及び工事用車両通行等に関する確認書(JR東海)PDFファイル(8163KB)
下伊那変電所新設に伴う工事用車両通行等に関する確認書(中部電力PDFファイル(1128KB)

大気環境測定

 リニア中央新幹線建設工事の前に、現在の大気の状態を知るため、長野県の大気環境測定車を設置して測定を行いました。
測定結果がまとまりましたのでお知らせします。なお、この結果は速報値のため修正される可能性があります。

大気環境測定車による大気測定結果PDFファイル(3275KB)

水枯れ等に対応するための事前調査

表流水調査

 平成26年1月より、村内46か所で年4回(四季)村単独で実施してきました表流水の調査(調査項目 天候・気温・水温・流量・PH(水素イオン濃度)・SS(浮遊物質量)・電気伝導率)については、JR東海による環境影響評価書に基づく調査が、平成28年夏より実施されているのに伴い、平成29年3月末で一旦休止としました。

 

地下水調査

 平成26年5月より、村内16か所(横井戸(湧水)14か所 ・縦井戸2か所(常時観測))で毎月村単独で実施してきました地下水の調査(調査項目 天候・気温・水温・水位(流量)・PH(水素イオン濃度)・電気伝導率)については、JR東海による環境影響評価書に基づく調査が、平成28年夏より実施されているのに伴い、平成29年3月末で一旦休止としました。
 但し、縦井戸1か所(常時観測)については、今後も調査を継続していきます。  
   
  

JR東海による調査

 JR東海による水資源に係る具体的な調査について、豊丘村分については次の通り実施しております。
調査箇所一覧表PDFファイル(49KB)
調査箇所位置図PDFファイル(1612KB)

▲このページの先頭へ


ナビゲーション


豊丘村役場

〒399-3295 長野県下伊那郡豊丘村大字神稲3120

電話:0265-35-3311 FAX:0265-35-9065